【第134話】5歳児クラス 避難訓練

【第134話】5歳児クラス 避難訓練

避難訓練で「お、か、し、も」の話をした後 子どもたちに「お」は何か「か」は何か質問をしてみる

 

 

 

「し」を聞いた時、Sちゃんが手を挙げて答える

「尻を出さない!」非常時でなくても出すべきではない5歳児クラスで避難訓練をしていた時の出来事。

 

避難訓練で良く聞く言葉「おかしも」

 

私の時代は「おかし」

「お」押さない

「か」掛けない

「し」喋らない

 

でしたが、これに「も」戻らない が加わっています。

 

この話をした後、子どもたちに「お」は何だったか「か」は何だったか、一つ一つ聞いていきました。

 

「か」までは順調!よく聞いています。

 

次の言葉、「し」で手を挙げたSちゃん。

 

自信満々に「尻を出さない!」と答えていました。

 

非常時でなくても出さない方が良いですね(笑)

 

ちなみに避難訓練の言葉は「おはしもて」

「お」押さない

「は」走らない

「し」喋らない

「も」戻らない

「て」低姿勢

と教えている方もいらっしゃるようです。

 

なるほど!低姿勢、火事の時大事ですよね。

 

 

\ あわせて読みたい /

【第114話】5歳児 廊下で再会

この記事は2022/04/16に公開され2023/09/10に更新、359 ビュー読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【第134話】5歳児クラス 避難訓練 保育士が描く子どもたちとのほっこり日常マンガとイラスト。

Copyright©たっきー先生, All Rights Reserved.