保育で使えるイラストの描き方 11月

この記事は2022/12/06に公開され、37回読まれました。

11月のイラストは「柿」「ミノムシ」「くり」です。

それでは描いていきましょう!

【ポイント】

■柿を描く時は丸ではなく、四角をイメージして描きます。

葉は少し渋めの緑で塗ると良い感じになります。そしてハイライトをこのような感じに

入れ、葉の下あたりに実のオレンジを暗くしたような色で影を付けてあげると立体感が出ます。

上のイラストに少しだけ影が入っているの分かりますでしょうか?

■ミノムシは実際は顔なんて出てないですが(笑)こんな風に擬人化すると可愛くなります。

木に枯れ葉を描いたり、風に揺れているような線を足すと動きも出ます。

ミノムシの体は一色ではなく同系色を何色か使うとオシャレな感じになりますね。

ミノムシの蓑は口から出した糸で枯れ葉や枝をつなぎ合わせて作っているそうですよ。

この糸、ナイロンの4倍という研究結果もあるそうです。スゴイ強度!

■くりはくりでもでもどんぐりとは異なったフォルム。スライムのように描くと良いですね。

ハイライトを入れると艶が出ます。

 

是非描いてみて下さいね!

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

保育で使えるイラストの描き方 11月 保育士が描く子どもたちとのほっこり日常マンガとイラスト。

Copyright©たっきー先生,2022 All Rights Reserved.