ねこの絵本

ねこの絵本

こんにちは、たっきーです。

 

今回は、ねこの絵本を5冊ご紹介します。

 

早速見ていきましょう!

①にゃんにゃん

猫が大好きな女の子。

 

白猫、黒猫、三毛猫、トラ猫、ぶち猫、色々な猫に出会います。

 

女の子は猫を抱っこしますが、猫は驚いて逃げてしまします。

 

さあ、猫たちはどこへ行ったのでしょう。

 

にゃんにゃん、と所々出てくる猫の声がかわいい。

 

せなけいこさんの絵本はどれも少し怖いイメージでしたがこの絵本は最後ほっこり終わります。

 

にゃん にゃん (幼児絵本シリーズ) [ せなけいこ ]

 

②くろねこさんしろねこさん

くろねこさんとしろねこさんが遊びに出かけます。

 

あれれ?くろねこさん、どこいった?おや?しろねこさんどこいった?

 

影に紛れたり真っ白なシーツに紛れたり、同じような猫たちがいたり、埃をかぶってしまったり…

 

一体どこにいるのかな?

 

くろねこさんとしろねこさんを探すのが楽しい!

 

娘は1歳11ヶ月の頃に繰り返し読みたがりました。

 

くろねこさん しろねこさん (単行本絵本) [ 得田 之久 ]

 

③ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ

ノラネコぐんだんシリーズ。

 

このシリーズ色々あるのですが、娘が好きだった「きしゃぽっぽ」を載せました。

 

ワンワンちゃんの汽車がカッコよくて乗りたくなるノラネコたち。

 

石炭をたくさん入れると走り出します。ワンワンちゃんが追いかけてきますが、なんとか逃げ切りました。

 

汽車には野菜がたくさん積んであり、お腹が空いたノラネコたちは石炭を入れる所にとうもろこしを入れて焼きとうもろこしを作ろうとしますが…

 

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ [ 工藤ノリコ ]

 

④ねこのラーメン屋さん

猫の店主が営むラーメン店。

 

仕込みを終えて開店。お客さんが入り、ラーメンを提供しますが皆なかなか食べません。

 

なぜ??と思ったら、皆猫舌なんです!(笑)

 

店の前の看板や店内のメニューなど細かいところまでユーモアたっぷり。

 

最後、食べ終わって店を出てきたお客さん猫にナルトが付いていたのは可愛くて笑っちゃいました。

 

2〜3歳くらいから楽しめるかなと思います。私のおすすめ絵本!

 

ねこのらーめんやさん

 

⑤ねことねこ

ねことねこ、同じところどーこだ?

 

違う猫を比べて同じところを探すというストーリー。

 

最後はたくさんの猫が集まります。みーんなに共通するところとは???

 

作者の猫への愛が伝わってくる一冊です。

 

ねことねこ [ 町田尚子 ]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

お気に入りの一冊に出会えますように!

この記事は2023/10/16に公開され、159 ビュー読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ねこの絵本 保育士が描く子どもたちとのほっこり日常マンガとイラスト。

Copyright©たっきー先生, All Rights Reserved.